木の剪定や芝刈りを行なう期間を把握しよう

草木の手入れは業者の方に依頼しておくのが最適です 草木の手入れは業者の方に依頼しておくのが最適です

芝刈りや剪定を行なう時期は~寺院の景観を美しく保つために~

木の剪定や間伐といった作業を業者に依頼する場合は、専門業者に作業を申し込む時期をよく考えておく必要があります。作業を申し込む時期が悪いと、草木の手入れにかかる費用と時間が増えてしまう可能性があるからです。

それぞれの適切な時期について

芝刈り
芝生には暖地型と寒地型に分かれていて、成長する時期が大きく異なります。暖地型の芝生は夏などの暖かい時期によく成長するため、芝刈りを行なう時期は5月から10月までになります。逆に寒地型の芝生は長い期間成長し続けるため、3月から11月までの間はずっと芝刈りを行なわなければなりません。
剪定
落葉樹や耐寒性のある常緑針葉樹は冬に基本剪定を行ない、木の基本的な形を作るのが一般的です。およそ11月から4月のはじめまでが基本剪定を行なう時期であり、住んでいる場所の地域によって作業に適した時期は変動します。常緑広葉樹を剪定する場合は新しい新芽ができるのを待ち、成葉枝ができた頃に春期剪定をするのが最適です。

寺院の芝刈りは定期的に行なおう

芝刈りを行なう際はまず芝生の高さを確認し、芝生を刈る際は必ず生長点に合わせて芝刈りを行なうようにしましょう。生長点よりも下に芝生を刈ってしまうと、芝生が弱る原因になります。特に寺院などの施設は敷地がとても広いため、芝生の手入れは定期的に行なわなければなりません。少しでも手入れが遅れてしまうと、芝生が伸びて外観が悪くなる可能性が高いです。また芝刈りの際は木の間伐なども行ない、敷地周辺の見た目も良くしておく必要があります。

TOPボタン