業者の方に草木の手入れを依頼

草木の手入れは業者の方に依頼しておくのが最適です 草木の手入れは業者の方に依頼しておくのが最適です

寺院の芝刈りや剪定・間伐の方法は

伐採

芝刈りや木の剪定を依頼する際は業者の方に施工を申し込みますが、寺院でこういった作業を行なう際は決められた手順に沿って作業を進めています。ここでは実際に業者の方が行なっている草木の手入れ作業を紹介します。

芝刈りや剪定・間伐にはどんな方法があるの?

寺院の芝刈りをしたいのですが、どんな方法で行なうのですか?
芝刈りを行なう際は一般的に芝刈り機を利用しています。現在はいろいろな芝刈り機が登場しており、個人でも草木の手入れを行なうことが可能です。芝刈り機には高さ設定が必要で、これを行なっておけば芝生を一定の高さに刈ることができます。
寺院の剪定を依頼したいのですが、具体的にどんな方法で作業するのですか?
太い枝や茎を切って短くする切り戻しや、弱い枝や古い枝を切り落とす枝抜きで木の大きさや形を整えます。切り方や作業を行なう時期を間違えてしまうと木の形が崩れてしまったり、木の成長を阻害したりする可能性があるとても難しい作業です。自分達はきちんと木の成長や時期に合わせて作業を行なうため、木を美しい状態のまま保つことができます。
間伐の仕方について教えてください。
定性間伐を行なう際は生えている木の状態をチェックし、成長の悪い木や形が悪い木を優先的に切ります。定量間伐で木を減らす際は全体のバランスをチェックし、残す木の量をあらかじめ決めてから木を切り倒すのが一般的です。最近では山の斜面に沿って間伐を行なう列状間伐も登場しており、それぞれの希望に合わせて方法を選ぶことができます。

綺麗な寺院にするためには

寺院の中に芝生を設置しておくと、施設内の環境は大幅に改善されます。施設内がきれいな芝生で覆われていると、参拝者の方も気持ちよく寺院に出入りすることが可能です。芝生の手入れはとても大変ですが、業者の方に手入れも依頼しておけば自分達で芝生の世話をする必要はありません。まずは業者の方に相談してみましょう。

TOPボタン